健康診断 Fukami Animal Hospital

ペットドッグのご案内

小型犬は、10歳で人の50歳くらい、大型犬では6歳過ぎると高齢といわれます。

高齢になると、ペットも人と同じように歯周病、心臓病、関節炎、肝機能や腎機能の低下、そして腫瘍などの様々な病気にかかる可能性があります。しかし、ペットたちが症状を表わすのは、殆どの場合、病気が進行してからです。

初期の心臓病や関節炎では、運動能力の低下を単に年のせいにされている場合があります。また,初期の糖尿病では食欲が増進しているために、食いしん坊と勘違いされているかもしれません。

体の不調を訴えないペットに代わって、血液検査や画像検査はペットの状態を知るための有効な手段です。病気が初期であるほど治療が成功しやすいため、より長く質の高い生活をおくれるでしょう。

5歳前後から年に1度の健康診断を心がけてみてはいかがでしょうか。健康な時のデータは、病気の時に比較でき、とても役立ちます。当院では、各種検査をパックにしてお得な料金に設定したコースをご用意しております。

Dog

●A;5歳以下の健康なワンちゃんのために血液と消化管内寄生虫の検査
身体検査、血液検査(ミニスクリーニング15項目)、糞便検査    

●B;5歳以上の健康なワンちゃんのために血液・尿・消化管内寄生虫の検査
身体検査、血液検査(CBC スクリーニング)、尿検査、糞便検査   

●C;高齢期のワンちゃんのため血液・尿検査に画像検査を加えたフルスクリー二ング
身体検査、血液検査( CBC スクリーニング)、尿検査、胸・腹部X線検査(4枚)超音波検査

猫は、10歳で人の50歳くらいといわれます。

高齢になると、ペットも人と同じように歯周病、心臓病、肝機能や腎機能の低下、そして腫瘍などの様々な病気にかかることがあります。しかし、ペットたちが症状を表わすのは、殆どの場合、病気が進行してからです。

初期の糖尿病や甲状腺機能亢進症では、食欲が増進しているために、健康だと勘違いされているかもしれません。高齢の猫の3頭に1頭は腎不全を発症していますが、気づいてもらえるのは尿毒症が進行し、重症となってからです。

体の不調を訴えないペットに代わって、血液検査や画像検査はペットの状態を知るための有効な手段です。病気が初期であるほど治療が成功しやすいため、より長く質の高い生活をおくれるでしょう。

5歳前後から年に1度の健康診断を心がけてみてはいかがでしょうか。健康な時のデータは、病気の時に比較でき、とても役立ちます。当院では、各種検査をパックにしてお得な料金に設定したコースをご用意しております。

Cat

●Ⅰ;5歳以上の健康な猫のために
身体検査、血液検査(術前一般20項目)、尿検査

●Ⅱ;高齢期の猫のために、血液・尿検査に画像検査を加え腫瘍性疾患を検出
身体検査、血液検査(術前一般20項目)、尿検査、腹部超音波検査、胸・腹部X線検査

●Ⅲ;フルスクリーニング検査に加えて、甲状腺ホルモン濃度の測定
身体検査、血液検査(術前一般20項目)、尿検査、腹部超音波検査、胸・腹部X線検査、fT4(甲状腺ホルモン濃度)
       

ペットの状態に応じて、各種ホルモン濃度測定、腫瘍の細胞診断など必要と思われる検査をご提案いたします。
ご相談下さい。

予約の方法

数日前にご予約下さい。各種検査のために、12時間の絶食が必要です。検査当日の朝食は与えないで下さい。
通常、午前中にお預かりし夕方の帰宅となります。

fukami-t

お電話でのお問い合わせ
043-214-5006